中耳炎 症状 大人 チェック

大人の中耳炎の症状チェック

スポンサーリンク

耳の中の中耳が炎症を起こしてしまう中耳炎は、主に子供がかかりやすい病気として知られています。
それは耳の奥の構造が大人と子供で差異があるためで、子供の方が細菌やウイルスが中耳に侵入しやすくなっているのが原因です。
ただあくまでも子供がかかりやすいという事であって、大人だからと言ってならないという意味ではありません。
大人でも中耳炎になりますし、なった場合には子供に比べて治りが遅く、痛みが強いとされます。
中耳炎の痛みの主な要因は、鼓膜が圧迫されることによるものです。
鼓膜の内側は鼻の奥と耳管という通路でつながっていて空気が通るようになっているのですが、ここが炎症によって腫れあがると空気の通りが悪くなります。
すると耳の内部に空気が溜まってしまい、中の空気が圧が高まって鼓膜を刺激します。
また炎症によって膿が出て、その膿が溜まることで鼓膜を圧迫します。
これらが痛みの主な要因となるのです。
これらは鼓膜が破れる事で、中の圧力が下がって快方に向かうのですが、大人の場合子供に比べて鼓膜が厚く、破れにくいのでむしろ痛みが長く続くことになりやすいのです。

スポンサーリンク

自分が中耳炎になっているかどうかは、その症状を知ることである程度自分でチェックできます。
まず急性中耳炎の症状の場合、多くの場合激しい痛みが伴います。
人によって違いはありますが、生活に支障をきたすほどの激痛に襲われる人もいます。
子供だと痛みで転げまわったり、泣き叫ぶ子もいます。
また急性の症状として、頭痛やめまい、発熱などがあります。
そもそも風邪をひいた際に発症することが多い病気なので、風邪をひいている最中に耳が痛くなったら中耳炎の可能性があります。
また急性ではなく、滲出性中耳炎というものもあります。
あまり痛みなどが無いので、気付かない場合が多く放置して慢性化してしまう場合もあります。
チェックしたいのは主に耳の聞こえです。
自分の声がこもっているように響いて聞こえたり、耳が詰まった感じがして聞こえが悪くなったりします。
またあくびをした際に、耳の中に水が入っているような音がする場合もあります。
これらのチェック項目が当てはまるようなら、一度耳鼻科を診察するようにしましょう。

スポンサーリンク