中耳炎 プール いつから

プールに入った後、中耳炎にいつからなるの?

スポンサーリンク

プールに入った後によく耳の水を抜いておかないと「中耳炎」になることがあります。
これは個人差もあり、全員がそうなるというわけではありませんが、耳の中に長時間水が入った状態が続くと炎症が起きる確率は非常に高くなります。
基本的に耳に入った水は耳の「自浄作用」という自動的に異物を外へ押し出す機能によって、知らず知らずに外へ排出されるようになっています。
ですが稀に水が残って炎症を起こし「中耳炎」になることがあります。
実際には水の中に存在する「細菌」により炎症が起き、痛みを伴います。
プールは不特定多数の人間が入っているため、プールの水は様々な細菌が入っていると思われます。
いつからか昔に比べて水の浄化も技術が進み、プールの水が汚れていることも少なくなったようですが、ひと昔前は水の汚れが原因で中耳炎になる子供が多くいました。
良くプール上がった時に、片足でピョンピョンとジャンプして耳の水を出すという行動をしていたりしましたが、なかなか出ないのが実情です。

スポンサーリンク

プールから上がって、いつから中耳炎になっているかは、わかりにくい事が多いです。
もちろん痛みがあればすぐにわかるのですが、水が入ってゴロゴロする状態は特に痛みを伴わない事が多いので、「そのうち出てくるだろう」と放っておく人が多いようです。
中耳炎になってから耳鼻科に行くと、いつから痛みがあるかと聞かれるのですが、本人は痛くなってからしか病院に行かないため、実際どれぐらいの期間耳に水が入っていたのかわからない事が多々あります。
水が入った時は、水が入った方の耳を下にして寝ていると、じんわりと水が出てきます。
水が抜けていない自覚がある場合はこうやって、早急に水を出しておく事が中耳炎の予防になります。
また風邪を引いた時に鼻の中の菌が耳に入って炎症を起こすこともあります。
耳鼻は繋がっており、くしゃみや咳など耳鼻咽喉は関連性が多くあるので、風邪の時には中耳炎を警戒する必要もあります。
ひどくなると「内耳炎」に悪化することもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク